教育実施計画

当COEプログラムでは、PDフェローと大学院学生を国内外から広く受け入れて最先端の研究環境、国際的な研究環境を提供し、当プログラム推進担当者や国内外の共同研究者との協力関係のもとに自発的な研究活動に従事していただきます。このような環境で研究を行うことは、若手の研究者にとって他国の研究水準や研究意識を肌で感じて国際的な視野を育むことのできる貴重な機会であり、将来他の研究機関で独立して研究教育活動を行うための糧になると我々は考えています。



PDフェローシップ

PDフェローを国際公募により雇用して給与と研究経費を支給し、自発的な研究活動を支援します。大学院生とインターンシップ参加者の教育にも積極的な参加を求めます。



大学院博士課程(公募情報)

大学院博士課程(博士後期課程)の学生を国内外から広く受け入れます。学生各個人に対し、その研究テーマにみあう専門分野の国外研究者一名、国内研究者一名及び当拠点のプログラム推進担当者三名からなる指導評価委員会を設置して、研究の支援・評価を国際的な基準で実施します。評価の結果に基づいて学生各個人に研究経費を支給するとともに、RA・TAの制度を最大限に活用し、自発的な研究活動を支援します。



インターンシップ(公募情報)

学部学生と大学院修士課程(博士前期課程)学生を当センターに招いて1ヶ月間のインターンプログラムを実施し、最先端の研究活動の一端を体験させることにより固体地球科学の魅力を伝えます。インターンプログラムへの参加者は国際公募により選抜されます。COEプログラム推進担当者、PDフェロー及び大学院博士課程の学生が、インターンプログラム参加者の教育にあたります。

過去のインターンプログラムの紹介

言語生活環境の支援

日本人学生・PDフェローに対する英語教育、及び外国人学生・PDフェローに対する日本語教育を行う専任スタッフを配置し、研究環境を積極的に生かせるように言語生活面の支援を行います。