Six-axes multi-anvil high-pressure apparatus An ultimate clean room in CASTEM

地球物質科学研究センターについて

地球物質科学研究センターは平成17年4月固体地球研究センターを改組転換して発足しました。当センターは文部科学省21世紀COEプログラム「固体地球科学の国際研究拠点形成」(プログラムリーダー:中村 栄三教授 平成15~19年度)に採択されるなど、高度な実験・分析技術を基盤として地球惑星分析化学・年代学、超高圧実験科学・鉱物物理学・マグマ学等の基礎研究分野において世界中のトップクラス研究者とともに最先端研究を展開し、同時に優秀な研究人材を育成する地球・惑星物質科学の国際研究教育拠点の形成を目指しています。詳しくはセンターのホームページ(http://www.misasa.okayama-u.ac.jp/)をご参照ください。

三朝国際インターンプログラム2009について

三朝国際インターンプログラムは、国際的な研究・教育の推進を目的に、国内外からの学部3 ・4年生並びに修士課程学生(国籍は問わない)を対象として2005年より継続的に開催されています。2009年においても7月2日(木)~8月11日(水)の6週間にわたり実施いたします。参加者はそれぞれ教員並びにその研究グループによる指導のもと、当研究センターが推進している、

  1. 地球惑星化学・年代学:SEM、 XRF、 ICP-MS、 TIMS、 SIMS等を用いた主要・微量元素組成と同位体組成分析による地球惑星物質(マグマ・火成岩・変成岩・堆積岩・隕石など)の解析に根ざした、地球・太陽系の物質進化ダイナミクスの探求
  2. 高圧実験科学・鉱物物理学:マルチアンビル装置を用いた高圧実験、相平衡、電気伝導度、弾性、塑性的性質測定等による物質物性の探究をめざす
  3. マグマ学・結晶化学:DAC、マルチアンビル装置、ガス圧装置等を用いた高圧実験、NMR、Raman、IR分光法測定、MD計算、第一原理計算等による鉱物・メルト(ガラス)・流体の物理化学的性質の探求

に関する最先端研究プロジェクトに実際に参加していただきます。プログラム終了時には、英語による研究成果発表の実施を予定しています。このプログラムを通して、高度な実験・分析技術に触れるのみでなく、研究者としての経験や最先端研究への情熱が育まれることを期待しています。

なお、三朝国際インターンプログラム2008に参加された木村 裕美子さん(関西学院大学大学院理工学研究科M1)のプログラムレポートが公表されています:「三朝国際インターンプログラム2008参加報告」 日本地質学会News, v. 12, no. 2, p. 10-11

MISIP activity 1 MISIP activity 2 MISIP activity 3 MISIP activity 4

実施期間

平成20年7月2日(木)~8月11日(水)(約6週間)

募集人数

10名程度

サポート

旅費及び滞在費は全額負担します。なお滞在に際し大学付属の宿泊施設を利用していただきます。

応募条件

地球科学または関連分野(物理、化学、材料科学等)専攻の学部3・4年生または修士学生(国籍は問いません)。また英語によるコミュニケーションに充分な意欲があることが望まれます。

応募締め切り

平成20年4月30日(木)午前10時 必着

決定通知

5月中旬

応募要項・応募書類

  1. 申請書(所定様式使用、署名)
  2. 応募者の所属大学の教員2名(できれば現指導教員及び部局長)による推薦状(所定様式を使用し、署名のうえ、推薦人より下記書類送付先に直接送付または電子メールにて送付するよう依頼してください。)
  3. 成績証明書1通(コピー不可)

全ての書類は郵送または電子メール添付にて提出してください。

書類送付先

問い合わせ先