ホームへ 内部限定 お問い合わせ サイトマップ
トップページ > 研究推進体制・教育活動 > 

授業一覧・シラバス

年度別授業一覧リストへ

平成18年度に ISEI で開講される授業一覧です

大学院 自然科学研究科 博士前期課程 地球科学専攻 惑星物質科学講座

熱物質の状態論・山下 茂
マグマを高温高圧の気相,液相,固相からなる熱物質としてとらえて,そのマクロな熱力学的取り扱いの基礎を解説し,各相の間の平衡関係や状態量の温度・圧力変化を考察する.さらに,このようなアプローチのマグマ発生・上昇や火山噴火メカニズム研究への応用例を紹介する. 外部へのリンク岡山大学シラバス
同位体地球化学・中村 栄三
大陸地殻,海洋地殻ならびにマントルを構成する火成岩や変成岩ならびにそれらの構成鉱物の主要・微量元素組成,各種同位体組成ならびに閉鎖温度の異なる様々な年代測定結果を基に,マグマの起源物質とマグマの形成・移動過程,変成作用における元素の再分配とその時代,更にはこれらの基礎データを用いた地殻・マントルの分化過程及び相互作用について議論し,地球を含む太陽系惑星の形成過程の基礎知識を提供する. 外部へのリンク岡山大学シラバス
超高圧地球科学・伊藤 英司
超高圧実験の手法とその地球科学への応用を詳述する.地球惑星内部には超高圧高温の世界が拡がっている.したがって,その物質科学的理解のためには実験室的にその条件を創って構成物質の状態を調べなければならない. 外部へのリンク岡山大学シラバス
地球弾性論・米田 明
マントルおよび地殻の構成物質の弾性的性質,熱力学パラメーターなどの物理的基礎について詳しく解説する.さらに,これらにの決定・測定法について概説し,地震学観測データと物性実験データに基づき,地球内部の構造,状態について物質科学的に解釈する.講義ではMATLABなど最新のソフトウェアによる実習・演習を含む. 外部へのリンク岡山大学シラバス
実験地球化学・木島 宣明
地殻内部では水性流体の関与するさまざまな重要な反応が起こっている.それらの理解のためになされてきた実験法について解説する. 外部へのリンク岡山大学シラバス
マグマの物理化学・薛 献宇
地球進化におけるマグマの挙動,及びそれらを支配するケイ酸塩メルトの構造と熱力学性質及び粘性・密度などの物性を物理化学的視点から考察する.特にマグマの原子レベルの描像に着眼する.また,固体地球研究センターにおける関連研究活動も紹介する. 外部へのリンク岡山大学シラバス
計算地球物質科学・神崎 正美
地表から地球惑星中心の極限温度圧力条件までの物質の構造・物性を研究するために,古典的及び第一原理分子動力学法,分子軌道法等を使った計算機シミュレーション技術を紹介する.また,それらを使った応用例の紹介や計算のデモンストレーションを行う. 外部へのリンク岡山大学シラバス
微量元素地球化学・牧嶋 昭夫
惑星の形成・進化を解明する上で重要な岩石・鉱物中の微量元素の,化学分析法について解説する.特に,各元素の固有の性質についての解説にも重点を置き,元素の性質に基づいた試料の前処理法の重要性を理解させる.さらに,ICP誘導結合プラズマ質量分析法の原理,限界について特に詳しく解説する.そして,基礎科学としての地球化学のための,正確さの高いデーターに基づく議論の重要性を理解させたい. 外部へのリンク岡山大学シラバス
地球内部物理学・桂 智男
地球内部構造を解明する上で重要な地震学・地球電磁気学的観測と岩石学的地球化学的観察事項について概説する.次に地球内部を構成すると予想される物質の状態方程式・熱弾性・電気伝導度等諸物性について論じ,それらをもとに地球内部構造とダイナミクスについて論じる. 外部へのリンク岡山大学シラバス
地球年代学・小林 桂
外部へのリンク岡山大学シラバス

大学院 自然科学研究科 博士後期課程 先端基礎科学専攻 惑星物質科学講座

放射光地球物質科学・神崎 正美
放射光を利用した方法により,地球惑星物質の組成,構造,物性等を研究する方法について解説する.取り上げる話題は,回折,X線吸収,非弾性散乱,核共鳴散乱,光電子分光,X線トポグラフィ,ラジオグラフィ,トモグラフィ,赤外吸収,蛍光X線分析などである.放射光がメインではあるが,測定等の基礎的な部分は通常のX線実験にも役立つはずである. 外部へのリンク岡山大学シラバス
地球科学における分光法・薛 献宇
地球物質の構造解析にはX線や中性子回折法のほか,核磁気共鳴法,ラマン,赤外分光法などの分光学手法も広く利用されている.これらの分光法の原理とそれぞれの特徴を解説する.また,固体地球研究センターにおける関連研究テーマを中心に,分光法の鉱物学およびマグマ学への応用例を紹介する. 外部へのリンク岡山大学シラバス
実験マグマ科学・山下 茂
高温高圧下のマグマの熱力学的性質と物性にもとづいて,火山の下でマグマがどのような状態にあるのか,どのように発生して移動上昇し噴火にいたるのかを考える.マグマの高温高圧相平衡や熱力学的性質と、それらをもとにしてマグマがたどる温度、圧力、組成の履歴を解読することに力点をおいて解説する.高温高圧のマグマを室内実験により再現する手法の実際的な面もあわせて解説する.教材を随時配布する. 外部へのリンク岡山大学シラバス
ケミカルジオダイナミクス論・中村 栄三
同位体や微量元素などの地球化学的トレーサーを主な手段として,大気・海洋・地殻・マントルおよび核からなる地球の構造的分化とその歴史を解説する.講義は基本的な地球化学的問題と受講者の研究テーマに近い内容を選び,より実践的な方法論に基づいた展開をする. 外部へのリンク岡山大学シラバス
惑星起源物質化学・牧嶋 昭夫
まず,超新星爆発による原子核合成を説明し,元素と同位体の起源を解説する.さらに,隕石・惑星の形成,さらには今日の姿への進化まで,岩石・鉱物中の微量元素化学分析技術の進歩に伴う研究の進展に沿って解説する.特に元素の性質と,地球化学の武器(微量元素組成,安定同位体組成,放射性起源の同位体比変動)などの原理と,どのようにして実際に応用するのかの理解に重点をおきたい. 外部へのリンク岡山大学シラバス
安定同位体地球・宇宙化学・森口 拓弥
地球および惑星の起源と進化の解明にあたり強力な地球化学的トレーサーとなる軽元素の安定同位体について解説する.また、主要・微量元素や放射性同位体と安定同位体を組み合わせて地球化学的過程を解明する. 外部へのリンク岡山大学シラバス
惑星物質年代学・小林 桂
地球・惑星物質科学研究の基礎となる年代学の原理とその応用について、最新の研究成果を交え紹介する.地球・惑星物質の進化を物理化学的に理解するためには、過去に起こった事象を時間の関数として読み解く必要があり、本論で紹介する年代学はその根底をなすと考える.特に、放射改変同位体を用いた絶対年代測定法、消滅核種を用いた相対年代測定法は、近年の分析技術の向上に伴って飛躍的進歩を遂げている.そこで、その部分に関しての最新トピックスにもふれる予定である. 外部へのリンク岡山大学シラバス
始源地球論・伊藤 英司
地球始原物質について超高圧高温下における相弔衝,反応,元素分配を明らかにして,地球形成後の中心核の分離,マントルの分化を論じる.また,上部・下部マントルの構造を解説した上で,地球内部の物質移動とその地球進化における役割を探求する. 外部へのリンク岡山大学シラバス
鉱物物性論・桂 智男
地球内部構成物の物性に関する知識は,地球物理学的観測から,地球内部構造とダイナミクスに関する知見を得るために必須である.しかし,地球内部は極端な高温高圧条件下にあり,そのような条件での鉱物の物性は常温常圧とは大きく異なる振る舞いをする.本講義では,高温高圧下での鉱物の物性,特に電気伝導度・熱伝導率・流動則など輸送に関する物性について詳述し,地球内部構造とダイナミクスに関する理解を深める. 外部へのリンク岡山大学シラバス
鉱物の状態方程式・米田 明
鉱物の状態方程式は,地球深部構造を論じる上で不可欠のものである.本講義では地震波速度モデルと状態方程式の関係を考察し,ついで状態方程式の基礎となる熱力学について詳述する.さらに,高温高圧X線実験,衝撃波実験,超音波測定,共振法等,状態方程式決定に重要な各種の実験法について解説する.実習・演習にMATLABを使用する. 外部へのリンク岡山大学シラバス
レオロジー論・山崎 大輔
マントル対流などの地球内部のダイナミクスを議論する上で、構成鉱物のレオロジー的性質は必要不可欠な情報である.本講義では、転位・拡散などの基本的な現象について詳述し、固体物質の塑性流動則に対して理解を深める. 外部へのリンク岡山大学シラバス

Institute for Study of the Earth's Interior