ホームへ 内部限定 お問い合わせ サイトマップ
トップページ > 公募情報一覧 > 詳細 ID=01038

公募情報

三朝国際インターンプログラム2014募集の案内

この公募はすでに締め切らせていただきました

三朝国際インターンプログラム2014募集の案内

三朝国際インターンプログラム2014募集の案内


岡山大学地球物質科学研究センター(分析地球化学部門、実験地球物理学部門)では,三朝国際インターンプログラム2014の参加者を募集しています。



地球物質科学研究センターについて
 地球物質科学研究センターは2005年4月固体地球研究センターを改組転換して発足しました。2010年に文部科学省から「共同利用・共同研究拠点」として認定されています。当センターは高度な実験・分析技術を基盤として地球惑星分析化学・年代学、超高圧実験科学・鉱物物理学・マグマ学等の基礎研究分野において最先端な研究を展開し、同時に優秀な研究人材を育成する、地球・惑星物質科学の国際研究教育拠点の形成を目指しています。詳しくはホームページをご覧ください。

三朝国際インターンプログラム2014について
 三朝国際インターンプログラムは、国際研究・教育の推進を目的に、国内外から学部3・4年生並びに修士課程学生(国籍は問わない)を対象として2005年より継続的に開催されています。2013年夏期においても6週間にわたり実施いたします。参加者は希望に応じて、分析地球化学部門と実験地球物理学部門に分かれて、教員の指導のもと、各部門が推進している下記の研究に実際に参加して頂きます。
1)分析地球化学部門(FE-TEM, FIB, FE-SEM, SIMS, ICP-MS, TIMS及びXRFを用いた地球惑星物質の元素・同位体分析等)、
2)実験地球物理学部門(マルチアンビル装置, ダイヤモンドアンビル装置などを用いた高圧実験、天然及び合成岩石,鉱物、メルト,ガラス、流体などの物性測定、XRDや各種分光法(NMR、Raman、IRなど)による構造解析など)
 プログラム終了時には、英語による研究成果発表の実施を予定しています。このプログラムを通して、高度な実験・分析技術に触れるのみでなく、研究者としての経験や研究への情熱が育まれることを期待しています。

サポート
旅費及び滞在費は全額負担します.なお滞在に際しセンター附設の宿泊施設を利用していただきます。



プログラム詳細・問い合わせ先
 各部門で実施されるプログラムの詳細については、下記のリンクをクリックしてください。申請用書類もそこにあります。また、プログラムについての質問等は下記の各部門担当者宛に連絡をお願いします。
分析地球化学部門締切りました(5/6) 国広 卓也准教授 (pmlmisip@itokawa.misasa.okayama-u.ac.jp)
実験地球物理部門 締切りました(5/2) 神崎 正美教授 (mkanzaki@misasa.okayama-u.ac.jp)



公募情報掲載日: 2014年 04月22日