ホームへ 内部限定 お問い合わせ サイトマップ

地球物質科学研究所の方針

1985年の岡山大学温泉研究所廃止をうけ、鳥取県三朝に設置された全国共同利用施設、Institute for Study of the Earth’s Interior(ISEI 日本語名:地球内部研究センター(1985〜94)、固体地球研究センター(1995〜2004)、地球物質科学研究センター(2005〜2015))は「地球・惑星の起源・進化・ダイナミクス」の理解を深めることを目的とし継続発展してきました。そして2016年、そのISEIを、既存の研究分野にとらわれない、より広範な物質科学研究に取り組むための組織として惑星物質研究所(Institute for Planetary Materials)へと改組転換いたしました。

1970年代の温泉研究所は新しい地球化学の概念創出の中心となり、地球と地球外物質を構成する物質、そしてそれらに含まれるすべての元素の分布とその成因を物質科学的に理解しようとする“アラユルニウム”計画を先導してきました。この理念は三朝の地で連綿と引き継がれ、現在ではより広範な無機物質を主な対象として主要・微量元素、同位体組成及び年代測定をシームレスなスケールにおいて解析し、さらに常圧から地球中心核までの状態を連続的に再現する高圧高温実験を実施する世界唯一の研究基盤、地球惑星物質総合解析システム(CASTEM)を計画的に整備構築し、学術成果へと結実させてきました。

この研究基盤能力および研究ディシプリンをより普遍的なものとし、さらに発展させることが我々の目標です。とりわけ生命起源物質や流体物質科学を包含する新しい惑星物質科学を重点的に推進するため、現在新しい分野の教員やポスドク研究員の採用による人的体制整備を進めています。また、隣接する旧岡山大学三朝医療センター棟の有効利用計画の策定を進めており、小惑星や火星からのサンプルリターン計画で得られる回収試料をターゲットとした新たな先進的総合的分析・解析システムの構築など新たな研究展開を見据えた研究環境整備にも取り組んでいます。

惑星物質研究所は、無機・有機・生体など広範な物質に対して総合的な物質科学的情報を提供できる国際的に極めてユニークな研究施設です。そこで得られた研究成果を、物質試料と合わせて統合保管・公開する物質科学サンプルデポジトリシステムをさらに発展させることは、我々研究者の責務でもあります。今後、国際的な共同利用・共同研究施設としての惑星物質研究所を訪れる国内外の研究者が多くの成果を創出・付加し続けることによって、このシステムの科学的・社会的価値はさらに増大するでしょう。同時に惑星物質研究所が国際共同研究拠点として発展し続ける根幹として機能するに違いありません。

最後に、私たちは優秀な若手研究人材を発掘するため、学部学生と修士学生を対象とした「三朝国際インターンプログラム」、研究人材育成を目的とした修士課程を伴わない「5年一貫制博士課程」、さらに博士号を持った研究者の多様なキャリアパスの創出を目的とした「スーパーテクニシャン制度」を独創的に作り上げ、着実に成果を積み上げています。研究体制の充実と同時に、人材の発掘・育成・活用を一体化した理工系人材育成活用スキームの具体的運用により、自律的人材育成・供給拠点としての機能を一層高め、学問の継承と更なる発展に向けて貢献したいと願っております。

皆様の一層のご支援とご協力をお願い申し上げます。