超高圧下でせん断変形を受けた固体構造の研究

Structural studies of solids sheared under super-high pressure

古市 博

Hiroshi Furuichi

山梨大学

受け入れ教官:伊藤 英司


目的:超高圧下でせん断変形を受けた固体構造を調べる.
方法:研究センターの超高圧発生装置を用い,試験片を超高圧下でせん断変形後,共同研究員所属機関(山梨大学)の透過電子顕微鏡(TEM)により,透過電子回折および透過電子顕微鏡像の撮影,走査型電子顕微鏡(SEM)による組織の撮影などを行った.なお,試験片としては,手始めとして,TEM観察のための薄膜作成が比較的容易な金属を用いた.

結果:SEMによる観察から,組織はナノ結晶群で構成されていることが判明した.TEMによる観察および回折は,薄膜試料作成の困難さのために時間がかかり,現在,一部の試料から得られた原子配列の乱れを示唆する回折パターンを解析中である.近い将来,発表の予定である.


[目次へ戻る]
Institute for Study of the Earth's Interior