足尾流紋岩類の酸素同位体による研究

Oxygen isotopic studies of Ashio rhyolitic rocks

島崎 英彦

Hidehiko Shimazaki

東大・大学院理学系研究科

受け入れ教官:日下部 実


 中新世に形成された足尾流紋岩類は,その内部及び周辺に足尾銅鉱床群を含み,固結後に巨大な熱水系の形成があったことを示している.この熱水活動,特にその水の起源を解析するために,従来より酸素同位体を用いた研究を続行中であるが,今回も主として足尾銅鉱床からの石英の試料について,酸素同位体の分析を行った.また石英/方解石を用いた同位体地質温度計の可能性を探るために,一部神岡鉱床の白地鉱の石英の測定も行った.測定に用いた試料と測定結果は以下の通りである.

	Sample Number 		Rock/Mineral		Locality	d18O (SMOW)‰ 
	---------------------------------------------------------------------------
	HS-1. AS - 99 		Sn ore/Quartz 		Ashio U 17L 	+ 11.63 
	HS-2. AS - 131 		Cu ore/Quartz 		Ashio U 12L 	12.01 
	HS-3. AS - 240 		Zn ore/Quartz 		Ashio 0L 	8.80 
	HS-4. AS - 513 		Cu ore/Quartz 		Ashio U 4L 	10.32 
	HS-5. AS - 650 		Sn ore/Quartz 		Ashio U 10L 	12.71 
	HS-6. AS - 670 		Cu ore/Quartz 		Ashio L 10L 	7.93 
	HS-7. AS - 710 		Cu ore/Quartz 		Ashio U 10L 	6.91 
	HS-8. AS - 713 		Zn ore/Quartz 		Ashio U 8L 	3.26 
	HS-9. AS - 805 		Cu ore/dissem. Quartz 	Ashio L 16L 	10.47 
	HS-10. AS - 805 	Cu ore/euhedr. Quartz 	Ashio L 16L 	8.57 
	HS-11.MD100681 		Shiroji ore/Quartz 	Kamioka -69mL 	4.11 
	HS-12.MD100668 		Shiroji ore/Quartz 	Kanrioka -69mL 	5.56 
	HS-13.HS73051115 	Shiroji ore/Quartz 	Kamioka Open Pit 0.16 
	HS-14.MD104066 		Shiroji ore/Quartz 	Kamioka -39mL 	1.69 
 足尾鉱床からの石英の値は約+3〜13の広い範囲にわたっているが,錫鉱石にともなう石英は重い値を示す傾向が認められのにたいして,亜鉛鉱石では軽くなる傾向がある.沈殿の温度を300−400度とすると,-4〜+9程度の酸素同位体比を持った水から沈殿したことが考えられ,初期のマグマ水による錫鉱化作用から,銅の鉱化期を経て,末期の亜鉛・鉛鉱化期に向かって,次第に天水の寄与が大きくなっていったことを示していると解釈される.またAS-805の試料では,鉱石中に共沈している石英よりも,それを覆っている後期の石英の方が軽い値をもっており,熱水系が時間とともに次第に天水の寄与を受けるようになったとする解釈に調和的である.神岡鉱床の白地鉱については,共生する方解石の同位体組成を測定後に,温度計としての可能性を検討する予定である.


[目次へ戻る]
Institute for Study of the Earth's Interior