FrontPage

[smile] 神崎のpukiwikiページへようこそ [wink]

bg_himawari_hatake_wide.jpg
landmark_sanbutsuji_nageiredou.png
  • wikiなのですが、ブログ的に利用してます。書き込み不可。
    右上の投げ入れ堂(三仏寺)、ひまわり畑のイラストは「いらすとや」さんから。
  • 神崎正美(mail, Twitter)
    • 所属:岡山大学 惑星物質研究所(鳥取県三朝町にあります)
    • 物質科学基礎研究部門 先進惑星物質解析分野
      居室は第3研究棟(旧医療センター)の3階です。

近況(最近1週間)

  • 7/2:今日も暑そう。
  • 7/1:今日も晴れ。vesta2pw.pyをupdateして公開。
  • 6/30:今日も晴れで気温は高いそう。プログラムのデバッグ。
  • 6/29:今日も晴れで気温は昨日より高い。今日は使っているプログラムの改良をした。
    Miyaga-earthquake-20220628.png
  • 6/28:今日は晴れ。今朝も地震が起きてた。☞最初の方が宮城県沖で、京都での地震が続く。京都の方はP波、S波がよく分かる。
  • 6/27:朝は晴れ、午後は雨。熊本と鹿児島の地震が24時間プロットで見えていた。
  • 6/26:今日はほぼ晴れ。ルビー蛍光の光学系を移動。

共同利用・共同研究について

 2022年度前期の共同利用は受け付けは終了しました。後期にも募集予定です。また、急ぐ時には随時で受け付けることも可能です。依頼測定にも対応可能です。
 私のところでは、顕微ラマン分光法装置(高温や高圧測定も可能、また低周波数側も測定可能)、粉末X線回折装置微小部X線回折装置、DACを使った高圧実験、鉱物の結晶構造シミュレーションなどに関する研究を受け入れてます。対象は鉱物が主ですが、セラミックス・ガラス材料の研究も受け入れてます。DACだと室温で10数GPa程度くらいまでのラマン分光測定はいつでも可能です。もっと高い圧力や温度も必要な場合はご相談ください。急ぐ場合は直接ご連絡ください。

対外的な活動

sandbox_latest.png
  • 小中高学生や地元の方を対象の講演等の活動を行なってます。また、インタラクティブな装置として、偏光顕微鏡、仮想現実砂箱などを作って展示室に置いてます。それらは、ARsandbox作成, ちょっとした自作などでも紹介してます。展示室は平日午前9時から午後5時までオープンしてます(土日も出てきているので、上記twitterでDM頂ければ対応可能です)。誰でも見学可能です。装置の貸し出しも可能です。仮想現実砂箱は貸し出し実績があります。
  • 私が準備した展示室用装置類
    • ARsandbox作成 拡張現実(AR)を使った砂箱。本体は全て自作。貸し出しもしてます。
      pol-micro_latest.png
    • 偏光顕微鏡 自作の偏光顕微鏡と薄片観察(自動試料回転ステージあり)
    • トレース台を使った偏光の展示 偏光シートを使った簡単なデモ
    • 氷VI観察用顕微鏡の作製(DAC装置による高圧発生と高圧氷の展示)
    • Mitaka (国立天文台が作成したソフト)を体験できるPCを設置。ゲーム用パッドも用意。
    • 蛍光鉱物観察用の紫外線ボックス。これは市販品の蛍光ランプに紫外線カットするアクリルの箱を取り付けたもの。
    • 放射線を見る霧箱:ペルチェ素子を使って冷却するタイプの霧箱でちょっとした自作で製作を紹介。アルファ線がよく見えます。ただ、この展示はちょっと準備が必要です(と言っても1分程度)。
    • VESTAによるPCモニターへの結晶構造表示(鉱物の構造など見られます)
    • 地震関係RaspberryShakeの展示(仮置き)。地震と地震計の説明。研究所の地震計のデータ自体はShakeNetで見ることができます。鳥取にある3Dがそれです。クリックすると現在のデータ、24時間ビューにすると過去24時間(さらに前のデータも)のデータが見られます。
    • それ以外に岩石、鉱物、隕石(隕石は普段は展示してません)などの標本、結晶モデルなどを置いてます。また、高圧関係の説明ポスターと展示物は辻野さんが作ってくれました。
  • BE-ARCHAEOというEUの考古学プロジェクトにも協力してます。紹介のところで名前と写真を入れてくれた。しかし、コロナ禍でヨーロッパの研究者が来られないので実質休止中ですが、測定は私の方で行うことで当面は続けていくことになりました。

研究成果について(論文、研究者データベース等へのリンク)

  • 論文リスト 自分でまとめた論文リスト
  • Publons Publonsへのリンク。Researcher IDから変わった。
  • Mendeley Mendeleyへのリンク。
  • ORCiD ORCiDへのリンク
  • Scopus Scopusへのリンク
  • Pure Pure Elsevierへのリンク, 研究所全体、構成員のoutputも見える
  • Google Scholar Google Scholarでの私の論文リスト(アブストラクトなども含まれるので指標がインフレ気味だが、雑誌以外に出した論文の引用数が分かる利点がある)
  • リサーチマップ リサーチマップの私のページ

最近出た論文

MC-PO10-transition.jpeg
  • Kanzaki, M. (2021) Raman spectroscopic study of pressure-induced phase transitions in tridymite modifications, J. Mineral. Petrol. Sci., 116, 245-250. 論文 解説2021-1
  • Kanzaki, M. (2020) CO2 distribution in CO2-rich melanophlogite from Fortunillo, Tuscany, Italy, J. Mineral. Petrol. Sci., 115, 471–478. 論文 解説2020-2
  • Kanzaki, M. (2020) Crystal structure of Ca(Fe0.4Si0.6)O2.8 oxygen-deficient perovskite, J. Ceramic Soc. Japan, 128, 843–846, 2020 論文 (これは以前報告したCa(Al0.4Si0.6)O2.8)と基本同じ構造なので、解説は書いてません。ただ、6配位席で少しFe/Siのdisorderが見られたところが違ってました)
  • Kanzaki, M. (2020) Phase transitions of tridymite MC: A low frequency Raman spectroscopy, J. Mineral. Petrol. Sci., 115, 296–301, 2020 論文 解説2020-1
  • Kanzaki, M. (2019) High-temperature Raman spectroscopic study of CO2-containing melanophlogite, J. Mineral. Petrol. Sci., 114, 122-129, 2019. 論文 解説JMPS2019-1(鉱物科学会2020年論文賞受賞論文)

分光法

データ・解析・試料

実験装置類

tips

共同利用研究者募集中

その他


Last-modified: 2021-11-24 (水) 13:11:21