Coesite in Meteor Crater (Arizona) (last updated 2019/05/14)

隕石孔の砂岩(石英の高圧相)

  • ホリミネラロジーで以前買ったMeteor Craterの衝突変成を受けた砂岩をラマン分光法と粉末X線回折法で調べてみた。もともと砂岩があったところに、鉄隕石(Canyon Diablo)が落ちてきて、衝突変成を受けているために、砂岩の主鉱物であった石英が一部高圧相に変化していることが古くから研究で知られている。
  • 顕微ラマン分光法では、石英とコーサイトがすぐに検出されたが、さらに高圧相のスティショバイトはカジュアルな測定では見つからなかった。コーサイトは地球内部では60~80 km以深で生じる。ラマンスペクトルを下に示す。一番上には比較のために、合成したコーサイトのスペクトルを示す。よく一致している。
    Meteor_Crater_sand_Raman.jpg
  • 粉末X線回折法では、砂岩の破片を粉砕して測定してみた。石英、コーサイト、および僅かのスティショバイトが検出された。30度付近の小さいピークがスティショバイトの最強 線である。以下の図はその三相でRietveld法解析したもの。赤十時が測定強度、青線が解析による計算強度、最下部の線はその差を示す。学生へのRietveld法のデモの1つ(定量分析)として使うために作った。解析結果からは、試料の3/4が石英, 1/4がコーサイトとなり、コーサイト含有量がかなり多いことが分かる。スティショバイトは1.5%くらいでかなり少ない。ラマンで見られなかったのもうなずける。スティショバイトは約300 km以深で出来る。下のピーク位置を示す縦棒は、上から石英、コーサイト、スティショバイト。ついでにQualX2で相同定してみたが、石英、コーサイトは正しい見つかった。スティショバイトは少なすぎて自動では同定できなかった。QualX2の定量だと、4/5が石英、1/5がコーサイトで、Rietveldによる分析から少しずれる。
    Meteor_Crater_sand_pXRD.png

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-14 (火) 14:10:00 (5d)