新しい高圧鉱物elgoresyite

衝撃を受けた隕石から見つかった高圧鉱物elgoresyite

OUOperatingGrant.png

elgoresyite.png

 衝撃を受けた隕石(Suizhou L6コンドライト)から最近見つかったelgoresyite (Mg,Fe)5Si2O9の結晶構造をcif化した(論文のSIにはcifが付いてなかったので)。VESTAで読んで、構造を表示できる。論文自体はこちら。この鉱物の名前はAhmed El Goresy博士から取られている。6配位席が4つあるが、M4席は正確には6+1配位で、7つ目のM4-O距離が異常に長い2.48 Ang.となる。この図では6配位としてプロットしているが、八面体ではなくプリズム形状。この図では4配位の様に見えているのがM4。これらの席にMg,Si,Feがほぼランダムに入っている。
 ページ番号が付いたのでCODにデポジットした(COD:4518947)。しかしelgoresyiteが火星マントルの主要構成鉱物である可能性はないのでは?


Last-modified: 2021-08-26 (木) 08:12:03