Gaussian03のインストールメモ 2005/07/04 Masami [#e6c62a35]

  • ライセンス制限があるのでグループで管理する.そのため新しいグループとしてgaussianを作る.それにユーザーを追加.ユーザーが使いたい場合にはgaussianグループへの追加が必要.
  • CDをES45 (Compaq Tru64 UNIX) へ挿入.
  • rootでCDをマウント.
    # /sbin/mount -rt cdfs /dev/disk/cdrom0c /mnt
  • g03を入れるdirectoryを作る.
    # mkdir /usr/local/g03
  • CDのマウントポイントをつくる.
    # setenv mntpnt "/mnt"
  • g03rootとして/usr/localを指定する.
    # setenv g03root /usr/local
  • g03rootに移動.
    # cd $g03root
  • CDの圧縮ファイルをg03rootに展開..tazはtgzの間違いではない.
    # cat $mntpnt/tar/*.taz | zcat | tar xvf -
  • gaussianグループのみアクセスできるようにg03 directoryのパーミッションを変える.
    # chgrp -R gaussian g03
  • g03root/g03に移動.
    # cd g03
  • インストールの準備.
    # ./bsd/install
  • .loginの読み込み.
    # source $g03root/g03/bsd/g03.login
  • コンパイルする.logはmake.logに入る.1時間かそこらかかる.
    # bsd/bldg03 >&make.log
  • 終わったらexeファイルが出来ているかどうか確認.うまくいっていると80個のexeファイルができているはず.ちゃんと出来ていた.
    # ls $g03root/g03/*.exe
  • ダメなときはmake.logを見る. 
  • .loginまたは.cshrc (cshの場合)にpathに/usr/local/g03を追加.および以下追加.
    setenv g03root /usr/local
    setenv GAUSS_SCRDIR /var/scr
    source $g03root/g03/bsd/g03.login
  • rootでCDをアンマウント
    # umount /mnt
  • CD取り出し
  • コンパイルはうまくいったが,しかしエラーが出て動かない.これはファイルのパーミッションの問題であった.exeファイルが実行できることと,bsd, basis等が読めるように変更でg03が動くようになった.
  • 後のためにインストレーションのメモを書いて終了.


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-15 (月) 10:56:06 (400d)