学内の評価や報告書などでよく書かされるので、それをペーストとしておく。
記録のため。
-2006年学会発表
--"K. Mibe, *M. Kanzaki, T. Kawamoto, K.N. Matukage, Y.Fei, S, Ono ","Second-critical endpoint and properties of aqueous fluid in a hydrous upper mantle","19th IMA meeting","神戸","2006年7月23日〜7月28日"
--"X.Xue, *M. Kanzaki, H. Fukui, E. Ito, T. Hashimoto","Cation order and hydrogen bonding of delta-AlOOH, phase egg and aluminous stishovite: An NMR and Raman study","学会名・集会名等","19th IMA meeting","神戸","2006年7月23日〜7月28日"
--"*M. Kanzaki, X. Xue, H. Fukui and E. Ito","High-pressure form of topaz-OH: Structure and characterization by NMR and Raman","19th IMA meeting","神戸","2006年7月23日〜7月28日"
--X. Xue and *M. Kanzaki","Dissolution mechanisms of water in depolymerized aluminosilicate melts (glasses): a comprehensive one- and two-dimensional 1H, 29Si and 27Al NMR study","19th IMA meeting","神戸","2006年7月23日〜7月28日"
--"T. Kawamoto, *M. Kanzaki, K. Mibe, K.N. Matsukage, S. Ono","Second critical endpoint between aqueous fluids and a high-magnesian andesite by high-pressure and high-temperature X-ray radiography","19th IMA meeting","神戸","2006年7月23日〜7月28日"
--"川本 竜彦、*神崎 正美、三部 賢治、松影 香子、澤井 啓伍、古川 善紹、小野 重明","高温高圧X線ラジオグラフィー法を用いた高Mg安山岩マグマと水の間の第2臨界点","日本地球惑星科学連合2006年大会","幕張(千葉)"2006年5月14日〜5月18日"
--"*神崎 正美、薛 献宇、福井 宏之、伊藤 英司","topaz-OH(Al2SiO4(OH)2)の高圧相:構造とNMR/Raman 分光による特徴","日本地球惑星科学連合2006年大会","幕張(千葉)","2006年5月14日〜5月18日"
--"X. Xue, *M. Kanzaki","Structure of hydrous aluminosilicate melts (glasses): ending a long-standing controversy by 1H-27Al HETCOR and 3QMAS/HETCOR NMR","第45回NMR討論会","京都","2006年11月22日〜11月24日"
--"薛献宇、*神崎正美","含水ケイ酸塩・アルミノ珪酸塩メルト(ガラス)の構造解明:1次元及び2次元 1H 、 27Al NMRによる総合的アプローチ","第4回強磁場固体NMRフォーラム/第39回固体 NMR・材料研究会合同研究会","新三田(兵庫県)","2006年5月11日〜5月12日"
-2006年学会等の活動
--"集会区分","学会発表(一般演題)","セッションのコンビーナと座長","IMA2006神戸","2007年7月23日〜2007年7月28日"
--"集会区分","その他の講演会,研究集会","オーガナイザー","国際シリケートメルトワークショップ, 三朝(鳥取)","発表年月日","2006年7月30日〜2006年7月31日"

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS