FrontPage

landmark_sanbutsuji_nageiredou.png

[smile] 神崎のpukiwikiページへようこそ [wink]

  • wikiなのですが、ブログ的に利用してます。書き込み不可。
  • 神崎正美(mkanzaki@okayama-u.ac.jp)
    • 所属:岡山大学 惑星物質研究所(鳥取県三朝町にあります)
    • 物質科学基礎研究部門 先進惑星物質解析分野
      居室は第3研究棟(旧医療センター)の3階です。
      右上の投げ入れ堂(三仏寺)のイラストは「いらすとや」さんから。

対外的な活動

  • 小中高学生や地元の方を対象の講演等の活動を行なってます。また、展示室(設置予定)に設置する、インタラクティブな装置として、偏光顕微鏡(作成済み)、仮想現実砂箱(作成済み)などを作ってます。それらは、ARsandbox作成, ちょっとした自作などで紹介してます。
  • 私が準備した展示用装置類
  • BE-ARCHAEOというEUの考古学プロジェクトにも協力してます。紹介のところで名前と写真を入れてくれた。しかし、コロナで実質休止中。

研究成果について(論文、研究者データベース等へのリンク)

  • 論文リスト 自分でまとめた論文リスト
  • Publons Publonsへのリンク。Researcher IDから変わった。
  • Mendeley Mendeleyへのリンク。
  • ORCiD ORCiDへのリンク
  • Scopus Scopusへのリンク
  • Pure Pure Elsevierへのリンク, 研究所全体、構成員のoutputも見える
  • Google Scholar Google Scholarでの私の論文リスト(アブストラクトなども含まれるので指標がインフレ気味だが、雑誌以外に出した論文の引用数が分かる利点がある)
  • リサーチマップ リサーチマップの私のページ

最近出た論文

  • Kanzaki, M. (2020) CO2 distribution in CO2-rich melanophlogite from Fortunillo, Tuscany, Italy, J. Mineral. Petrol. Sci., 115, 471–478. https://doi.org/10.2465/jmps.200611 解説2020-2
  • Kanzaki, M. (2020) Crystal structure of Ca(Fe0.4Si0.6)O2.8 oxygen-deficient perovskite, J. Ceramic Soc. Japan, 128, 843–846, 2020 https://doi.org/10.2109/jcersj2.20138 (これは以前報告したCa(Al0.4Si0.6)O2.8)と基本同じ構造なので、解説は書いてません。ただ、6配位席で少しFe/Siのdisorderが見られたところが違ってました)
  • Kanzaki, M. (2020) Phase transitions of tridymite MC: A low frequency Raman spectroscopy, J. Mineral. Petrol. Sci., 115, 296–301, 2020 https://doi.org/10.2465/jmps.191122b 解説2020-1

分光法

データ・解析・試料

実験装置類

シミュレーション関係

tips

共同利用研究者募集中

その他


Last-modified: 2020-12-07 (月) 15:31:16