NIST_SRM640d

NIST Standard Reference Material SRM640d (Si)の格子常数

NISTの最新のCertificateの値はa=0.543123(8) nm at 22.5 Cである。論文もあるが、こちらはa=0.543159(20) nm at 22.5 C (D.R. Black, D. Windover, A. Henins, D. Gil, J. Filliben and J.P. Cline, Certification of NIST Standard Reference Material 640d, Powder Diffraction, 25(2), 187-190, 2010)。さてどちらを使うべきか。Certificationの作成日時(26 May, 2010)の方が論文accept日時(25 March, 2010)よりも後であり、またCertificationのrevision historyには、格子常数の改訂があったと書いてあるので(26 May, 2010)、最新のCertificationの値を使うべきであろう。また、640cとの差も最新値の方が小さい。


Last-modified: 2020-12-06 (日) 19:15:11